婚約者の素行を調べる結婚調査でわかったこと

婚約者の素行を調べる結婚調査
婚約者のことをもっとよく知りたい、恋人同士なのだから隠し事はされたくない。そう思って相手のことは知ろうとするのは何もおかしなことではありません。

婚約者だからこそ、これから結婚して、一緒に夫婦として一生の生活を共にするからこそ、結婚前に相手のことを知りたいと思うはずです。

結婚調査では、そんな婚約者の隠された素行を調べ、その結婚が間違いではなかったと安心するための調査です。

では、結婚調査では、どのようなことを調べることができるの?

■ 結婚調査で調べることができること
・婚約者に自分以外の異性と付き合っていないか。
・婚約者がガラの悪い友人と交友関係をもっていないか。
・消費者金融などに出入りしていないか。

などを調べることができます。
いっぽうで、結婚調査で調べることができないこともあります。

■ 結婚調査で調べることができないこと
・差別につながる事柄の調査。
・親族などの身元の調査。
・借金の有無や預金などの調査。
・持病の病気などの調査。

これはが結婚調査で調べることができない内容になります。
特に結婚調査では、調べる内容が差別につながる可能性がある事柄を調べてほしいといった依頼を、結婚調査を行っている探偵事務所に依頼することがあります。

差別につながる可能性がある事柄の調査は、探偵業法によって禁止されているため、探偵事務所に調査を依頼しても調べることはできません。

結婚調査では、基本的に婚約者の行動を尾行や張り込みによって調べ、どういった人物であるのかを調べる調査になります。そのため、給料が入る月末や、会社の連休などで、どういった場所に行っているのか、また、どんな人と会っているのかを調べることになります。

最近は初婚の時期が遅くなっているというアンケート結果あり、結婚に対して慎重になる人が増えています。そのため、結婚調査の需要が増えてはいるのですが、結婚調査を依頼する探偵事務所は、違法な調査を行っていない、安心して調査を任せることができる探偵事務所を探す必要があるでしょう。
Copyright (C) 信用できる静岡の探偵事務所の探し方 All Rights Reserved.